仕事紹介

WDBアイシーオーの仕事の一部をご紹介します。

安全情報部/安全性情報担当者

国内外の臨床試験や医薬品の市販後に発生する安全性情報の処理支援業務を行っています。症例の受付・発番から入力、評価・報告書案作成、翻訳、ファイリング、文献スクリーニングまで、幅広い業務に対応しています。
地道なデスクワークという側面もありますが、医学・薬学の知識が深まるだけではなく最新の知見に触れることができ、何よりも自分が携わった仕事が多くの患者さんの健康被害・リスクを防ぐことにつながるやりがいを感じる仕事です。また、海外症例の取り扱いや翻訳といった、英語力を活かせる業務もございます。

ドキュメントサポート部/ドキュメントサポート担当者

医薬品の開発や販売の申請の際に必要な資料のQC(品質管理)、翻訳、pCTD作成・eCTD化の作業までを行っています。医薬品が世の中に出るためには膨大な量のドキュメントの作成が必要です。少しでも早く医薬品を必要とする人に届けられるよう、ドキュメントそのものの作成から、表現・申請書式が適切かどうかの確認、印刷から電子申請フォーマットへの変換など、幅広い業務を行っています。

臨床開発部/臨床開発モニター

治験や臨床研究におけるデータの品質向上や、実際の運営をサポートしています。医師をはじめとする医療スタッフや研究機関など、社内外問わず多くの方と協力をしながら行う仕事であり、治験が関連法規や実施計画書、手順書に従い適切に実施されていることを確認する重要な役割を担っています。

企画開発部/営業担当

製薬企業や公的機関・大学に医薬品開発関連受託サービスの提案を行っています。お客様の課題を明らかにした上で、ニーズに合わせたサービスの提案を進めます。 新規顧客については商談を進めるだけでなく、関連部門と調整を行いながら受託チームの構築を行います。受託業務開始後は、定例ミーティングの実施、 受託チームにおけるマネジメントフォロー、業務実施状況の調整など、幅広い業務を行っています。