プロフェッショナルへの地道な努力

研究職以外の選択肢。安全性情報に携わる、新しい挑戦

入社前は、バイオ系の研究所や健康食品の会社で研究や実験助手の仕事を行っていました。しかし、自分自身のキャリアについて見つめ直していた時期に、前職でGMP(医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準に関する省令)の研修を受けたことを思い出しました。その際に教わった医薬品の安全性情報管理の内容を知るにつれ、「多くの患者さんの健康被害やリスクを防ぐことにつながる安全性情報に携わる仕事に挑戦したい」という気持ちが大きくなっていき、急成長している当社の門を叩き、私の安全性情報管理業務従事者としてのキャリアがスタートしました。

入社してからは、安全性情報管理業務一筋で自らの専門性を高める努力を積み重ねてきました。現在は国内市販品の安全性情報管理業務に従事しています。クライアントにて受け付けた有害事象(副作用)に関する情報について、規制当局やクライアントのグローバル本社の基準に従ってデータベースへの入力を行い、規制当局への報告要否の判断をした上で必要によっては報告書案の作成までを行っています。医薬品の安全性を評価・解析する上での不足情報についても判断して調査案を作成し、製薬企業のMR(医薬品情報担当者)へ有害事象が発生したケースについて再調査依頼を行うなどのサポートも行っています。また、現在所属するチームのリーダーを務めています。業務の品質を保ち更なる向上を目指しつつ、納期を守るため日々の進捗確認を行い、チームみんなで情報共有を図りながら、クライアントの要望に応えられるよう管理を行っています。常にチーム全体で業務を進めることを意識していますが、本当にチームメンバーに支えられているなと感じることが多くあります。まだ新しいチームではあるものの業務は増えており、日々勉強しながら私自身も実務に臨んでいます。

「私たちの仕事は本当に役に立っているのか」そんな疑問が吹き飛んだ経験

製薬企業のサポートという業務の特性上、 "部分的に切り取られた業務"がクライアントから依頼されるわけですが、「自分の業務の先には何があるのだろう」「どんな役に立っているのだろう」「きちんと価値につながっているのだろうか」ふとそんな疑問が浮かぶことがあります。そんな折、クライアント企業内で仕事をする機会がありました。直接クライアントの担当者の方へ教えを請うたり、普段入力業務を行っている安全性情報を収集するためにどれだけの人が尽力しているかを目の当たりにしたりするうちに、自分の中に生まれた小さな疑問は吹き飛びました。「私が携わった情報を元に解析が行われ、薬の添付文書の改訂やさらには新薬の開発までつながっているんだ!」この経験を通して、日々の業務の意義を再確認できるだけでなく、安全性情報管理業務の中で自分自身が対応できる業務の幅をもっともっと増やしていきたいと思うようになりました。

メンバーも私が過去に感じたことと同じような疑問を持つことがあるかもしれないし、新しく入社された方がぶつかりやすい壁でもあると思います。そんな時には、「私たちの仕事はとても価値があることなんだ」と、自信を持って伝えていきたいと思いますし、今も自分の仕事に誇りを持って従事しています。

さらなる専門性向上に向けて

この仕事は「ここまでやったらもう満足」ということがなく、安全性情報管理業務という括りの中でも、もっともっと突き詰めていくことや業務の幅を広げていくことがあり、奥が深いと感じています。そのためにも、さらに知識を増やして専門性を高めていきたいです。

また、現在の職場は自分自身とは異なる様々なバックグラウンドを持った方と一緒に仕事をする環境のため、とても勉強にも刺激にもなります。未経験からスタートして着実に力をつけている方もいれば、元々持っている経験やスキルを存分に活かして働いている方もいます。当社内での勤務だけでなく、クライアント先に常駐で就業するケースもありますし、家庭との両立のために時短で勤務されている方もいるなど、多様性のある職場です。様々な病名、医薬品名や普段聞きなれない医学用語に触れる機会があり、日々勉強しながらみんな業務に取り組んでいます。そんな環境で、一緒に成長していける方と働いていけたらいいなと思っています。